スポンサーリンク

女性の多い職場はなぜ疲れる?気をつけるべきことは?

労働条件・職場環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性の多い職場で揉め事やらで疲れてしまう…対処法は?

女性の多い職場で苦労しているという方は少なくないそうです。女性同士で仕事の悩みなどを分かり合えることも多いはずなのですが、なぜ女性同士の職場に疲れてしまうのでしょうか?

今回は、女性の多い職場で気をつけるべきポイントを解説します。女性の多い職場が疲れる理由から、女性の多い職場で気をつけるべきポイント、女性の多い職場で人間関係を改善する方法まで、わかりやすくご説明いたします。

女性の多い職場で疲れるのはなぜ?

女性の多い職場に配属され、どうやって人間関係をうまくこなそうかと悩んでいる方は多いでしょう。まずは、なぜ女性が多い職場では悩みが多いのかついてご説明いたします。

女性の多い職場が「めんどくさい」と感じる人は多い

女性が多い職場ではメリットがあると答える人も多くいます。これは「女性が多い方が働きやすい」という意見です。

その理由としては、産休、育休が取得しやすいという働きやすさや男性の目線を気にしなくて済むという女性独特の視点もあります。女性は出産によってどうしてもキャリアにブランクが生まれてしまうため、働きやすい環境が整っていることは重要です。また同僚や上司のセクハラに悩んでいる人も少なくないことから、このような悩みを持たずに済むというのは良いことだと考える人が一定数いらっしゃるのも納得できます。

他方、職場での悩みとして一番多いといわれているのが「人間関係」です。上司との関係に悩む人が一番多いようですが、同僚との関係に悩んでいるという人も珍しくありません。特に女性は悩みを内に抱え込みやすい傾向があるとして指摘されることもあり、職場の人間関係に苦労している人も多いのです。また人間関係の悩みの中には、「女性が多い」ことが悩みの種につながっていることもあります。

このように、女性の多い職場では、子育てに理解があるなどメリットが指摘されることもありますが、反対に「疲れてしまう」というお悩みを抱えている方は少なくないのです。

女性ばかりの職場では、人間関係の疲れるトラブルが多い

では、女性が多い職場ではなぜ悩みが多くなってしまうのでしょうか? 大きなポイントになるのは、人間関係のトラブルが増えてしまうという意見です。具体的には、以下のような意見が目立ちます。

・仲良しグループを作ることで派閥が生まれる
・噂話、悪口が多い
・嫌われないように気を遣う

女性が多い職場になると、ランチの時間に「一緒にご飯を食べるグループ」ができる光景をよく見かけます。女性同士で仲が良いのは良いことのはずですが、グループができることによって女性同士の派閥も生まれやすくなるのです。AグループとBグループは仲が悪いという問題に悩まされる方は少なくないでしょう。

また噂話が多いのも難点です。派閥を作り、その中で別のグループの人たちの悪口や社内の噂話などでコミュニケーションを取る方も少なくありません。誰と誰が付き合っているというゴシップや結婚や妊娠などプライベートにまで干渉してくることも多いため、不快に感じる人もいます。いろんな話題で盛り上がることは悪いことではありませんが、仕事に関係のない噂話や悪口を毎日のように聞かされると、「めんどくさい」と感じる人がいても仕方ないといえるでしょう。

派閥ができると、どこのグループに入るべきか迷うことがあります。上司や一緒に仕事をしている同僚だけではなく、女性グループにも嫌われないようにしなければいけないからです。業務を円滑にこなすためにも嫌われないようにしなければいけないと思い、多くのひとに気をつかうのは大変疲れることです。

このように、女性の多い職場では様々なことを気にかけなければならず、疲れてしまう方が多い傾向にあります。

女性の多い職場で気をつけるべきポイントは?

女性の多い職場で働く場合、ストレスを減らすためにも、どのようなことに気をつけていれば良いのでしょうか? ポイント4つをご説明いたします。

人の話を聞くこと

女性の多い職場では、人の話を聞くことに注意を払いましょう。職場での女性同士のトラブルは、お互いに相手を尊重していれば起きにくくなります。相手が悪いと思うケースも出てくることはありますが、基本的には相手の意見や話に耳を傾ける姿勢を持っていくことで人間関係を円滑にすることができます。

例えば、女性の上司や先輩などに注意された場合には話を素直に聞いて、受け入れることも重要です。謙虚な姿勢で聞くことにより、相手は自分の話をきちんと聞いてくれていると考え好印象として捉えます。

会社の付き合いだからといって、素っ気ない態度を取るのも問題になりやすいです。女性同士のいざこざに巻き込まれたくないが故に我が道を貫くタイプもいますがこれによって「態度が悪い」と捉えられてしまうことも少なくありません。基本的に、人の話を聞いて、愛想よく振舞うことは重要です。

恋愛、結婚、妊娠の話題には触れないこと

女性同士だからといって、相手のプライベートにあまり踏み込まないようにしましょう。相手との話のきっかけとして、彼や結婚の話題などを口にする人もいますがこれは不適切な話題になりうることがあります。相手から話さない限り、恋愛や結婚、子どもの話題に関しては振らない方が良いでしょう。

これらに関わるご自身にとっての良い話に関しても、相手は不快に感じることがあるかもしれないため、(ex.子どもができた、など)プライベートな話から相手と仲良くなることは避けるようにしてください。

できるだけ中立を保つこと

新しい職場に行くと、女性同士のグループが既にできていることも多いでしょう。このとき、できるだけどの派閥にも入らないようにすることは正解です。ランチを誘われても断る必要はありませんが、できるだけ中立の立場を保つことは重要です。例えば、1回の誘いは断らず、2回目は断るなどして、上手に立ち回ってください。

また悪口などの話題には関わらないようにしましょう。自分から誰かの悪口を言うのはもちろんですが、誰かの話に賛同することでも悪口を言ったのと変わりありません。悪口や噂話が出たら、スルーするかその場を離れましょう。

孤立しない!信頼できる仲間を作る

職場で仲の良い人がいないと、何か嫌なことがあったときに孤立します。確かに、仕事には友達を作りに来ているわけではありませんが、誰か信頼できる仲間がいれば心強いものです。人間関係を怖がって避けるのではなく、1人でも良いので信頼できる人を見つけましょう。仕事での悩みなどを聞いてくれる人がいれば気持ちも少しは楽になるはずです。

「女性の多い職場は面倒」と感じることもあるかもしれませんが、上手に立ち回れば女性が多い職場だからこその利点も見えるようになるかもしれません。ご紹介したポイントを役立ててみてください。

女性の多い職場で人間関係を改善する方法

すでに女性の多い職場で苦労しているという場合、人間関係を改善できる方法としては以下が挙げられます。

相手に思いやりを持つこと・共感すること

ふとした一言がきっかけで壊れてしまうのが人間関係です。最近職場の空気が悪くなってきたと感じたら、自分が苦手な相手にも思いやりを持って接することを心がけましょう。人間関係が悪くなるのは、多くの場合お互いへの思いやりの気持ちが欠けていたことがきっかけです。気をつけるべきポイントでもお伝えしましたが、相手の話を聞くことは相手に思いやりを持つことに繋がっています。

ちょっとした気遣いで相手との関係が良くなることもあるので、相手の立場に立って考えてみるようにしてみてください。例えば、自分に厳しく当たる人がいたとして、相手の背景を考えます。あなたのことを思うから厳しくしているだけかもしれませんし、もしかしたら、単にプライベートがうまくいかずイライラしていたのかもしれません。きっと自分のことを考えてくれている、あるいは大変なんだろうなと共感の気持ちを持つことで相手も優しい態度に少しずつ変化してくれるかもしれません。一般的に、自分に対して優しい人に厳しくすることは難しいものです。

相手を褒めること

特定の誰かとの人間関係を良好にしたい場合には、相手を褒めましょう。自分が知らなかった情報を与えてくれたら、「知りませんでした!そんな方法があるんですね。すごい。ありがとうございます。」など、少し大袈裟でも褒めることで人は相手に優しくしたくなります。

自分の話を興味を持ってくれるだけでなく、褒めてくれる人に対し不快に感じる人は少ないでしょう。大人になると、人に褒めてもらえる機会は減ってしまいます。些細なことでも他人から褒めてもらえると、自分のことを認めてもらえている気持ちになり、嬉しくなるのです。良好な関係を作るためには、相手の話や仕事の出来、センスの良さなどを褒めてみるのも良い方法です。

ストレスを発散すること

人間関係にストレスを抱えているときは、プライベートで発散する機会を作ることが重要です。仕事帰りに仲の良い友達と飲みに行き愚痴を話したり、休みの日にヨガやスポーツ教室などに通うなども良いでしょう。女性は趣味がない方も多いので、自分が夢中になれることを探ってみるのも良いことです。

子育て中などで時間がない場合は、とにかく1人になれる時間を30分でも見つけてその時間に好きなことをするようにしてください。本を読むことや、美容に時間をかけてみるのも良いでしょう。

ストレスがかかっているときは、気がかりなことばかりに目を向けてしまいがちです。「あの人に仕事を頼まなければいけないけどうまく行くかな…」「明日会社に行くのが辛い」「どうすれば楽になれるかな」など、次々と押し寄せる不安に苛まれていませんか?

人間関係を良好にするために努力することも大切ですが、他のことに目を向けてストレスを発散することも重要です。悩んでいるときこそ、自分に優しく接してあげるようにしましょう。

ストレスを溜め込まずに、良い人間関係を築こう

女性が多い職場では悩みを抱えやすい人もいます。困っている方は、気をつけるべきポイントと改善するための方法を参考にしてみてください。思いやりを持って接することがポイントです。

非常に多くの方が人間関係に悩みを抱えていますが、これは女性が多い職場だけの問題ではありません。人と関わる限り、人間関係の悩みはつきないということなのかもしれません。人間関係に悩みがちな方は精神的な負荷がかかりやすく、そうすると仕事が億劫に感じてしまいます。そうならないようにするためにも、上手にストレスを発散する方法を身につけることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました