スポンサーリンク

つらい!仕事ができない人の特徴・生き方・改善方法

労働条件・職場環境
スポンサーリンク

仕事で毎日のようにダメ出しを受けていると、精神的にも疲弊します。どうにかして自分で改善しようとしてきたものの、「もう限界」という方もいらっしゃるでしょう。

今回は、仕事ができなくて辛い方のための改善方法をお伝えします。仕事ができない理由から、仕事ができない理由が自分のせいなのか見極める方法、自分でできる改善策までご説明します。

スポンサーリンク

つらすぎる…仕事ができない理由

仕事ができない人の特徴・共通点やよくある原因を見て、自分に当てはまることがないか確認していきましょう。

仕事ができない人の特徴・共通点

仕事ができない人に共通していることに以下のような特徴があります。

スケジュール管理が苦手

一番多いといっても過言ではないのは、スケジュール管理が苦手な人が多いということです。いつも締め切りに間に合わない、周囲に仕事が遅いと指摘される、という方はスケジュール管理が苦手です。

整理整頓が苦手

「デスク周辺がいつも物であふれている」という人もよくいます。仕事が進んでいれば問題がありませんが、デスク周りのように頭の中も整理し切れていない場合は問題です。業務の進捗状況を整理できない人がよくいます。

ネガティブな言葉が多い

普段から「疲れた」「だるい」なんて言葉をよく使っていませんか? ネガティブワードが出てしまうのは仕事ができない人にありがちです。物事の良い側面を認識しにくくなっているため、愚痴や悪口ばかり言ってしまう人も多い傾向にあります。

集中力が続かない

仕事しているように見えて「頭の中は週末のことばかり」という人も多いでしょう。今すべき業務に集中できず、他のことばかり考えてしまいます。ネットサーフィンばかりしてしまう人もいます。集中力がないと他の人より仕事が遅くなってしまいます。

プライドが高い

「自分は仕事ができるのに周囲が評価しない」と思っていませんか? プライドが高い人の中には、仕事ができない人がいます。周囲より良い大学を出ているなど、過去の栄光に縛られ今の状況を受け入れ切れていないケースもあるでしょう。

指摘されると過度に凹む

ダメ出しされると萎縮してしまいます。何度も同じことを言われたら誰でも凹みます。しかし、どんな指摘でも怖いという人は精神的に未熟です。受け流す強さも仕事には必要でしょう。

ただ、指導とパワハラは異なります。心当たりがある方は、下記記事も併せてご参照ください。

パワハラと指導の違いは?部下を叱責してはいけないのか?
最近は、部下に仕事上の指導をしただけなのに、「パワハラだ」などと言われることが多くなり、上司の方の立場にとっては、部下を厳しく指導をすることに難しさを感じてきているのではないでしょうか。 部下への指導は、上司として当然なすべきことであ...

やる気がそもそもない

正直なことを言うと、「今の仕事なんてどうでもいい」と思っている場合は、そもそもやる気がないので周囲にも評価されません。自分がしたいことを探すべきです。

仕事ができない理由と原因

仕事ができない理由や原因はさまざまです。上記で挙げた特徴から原因を探ってみると、以下の4パターンに分けることができます。

仕事の進め方が下手

仕事の進め方が問題になっているケースがあります。スケジュール管理ができない、細部に囚われすぎて納期が遅れる、ミスが多いというありがちな悩みは、問題点と改善方法を知れば意外と簡単に解決できます。

会社や周囲からのプレッシャーが大きすぎる

会社や上司が厳しいと萎縮してしまい本来の力を発揮できないこともあるでしょう。周囲が過大な仕事を与えているケースもありますし、できるからこそより良い結果を求めます。この場合は、周囲に自分の状況を伝えることが必要です。また会社に問題があるケースもあるでしょう。

自分の評価と周囲の評価が噛み合っていない

上司、会社と自分の「仕事ができる」基準に違いがあることがあります。頑張っているのに評価されず、仕事ができない人扱いをされてしまうという場合は、努力の方向性が間違っているかも知れません。何が足りないのか上司に相談してみると良いでしょう。

その仕事に向いていない

やる気が出ない人はそもそもその仕事に向いていないのかもしれません。自分が集中できることややりたいことを探して、転職の方向性を探ってみると良いでしょう。仕事ができなくて辛いなら、現状維持よりも抜本的な変化を探すことが重要です。

仕事ができないのは自分が悪いの?自分で原因を見つける方法

毎日指摘される日々が辛いという人は、精神的に追い込まれている可能性があります。まずは冷静になり、何が原因なのかを突き止める時間を作りましょう。その上で、自分を追い込まない方法を身につけることも重要です。

まずは自分を知ることに努めよう

「仕事ができないのは自分のせいだ」と考えるのは早計です。原因は自分であるケースもありますが、会社や同僚が原因かもしれません。まずは冷静になって、何が自分を苦しめているのかを突き止めましょう。例えば、以下のように原因を探っていきます。

仕事が辛い具体的な原因は?
① 納期が遅れる→仕事の進め方に問題がある→「改善方法を知れば問題ない」
② 上司に怒鳴られる→上司の機嫌が悪いときに怒られる→「パワハラが原因」
③ 集中力が続かない→仕事が遅く、やる気がないと指摘される→「今の仕事が向いていない」

上記の①〜③を見ればわかりますが、原因は必ず自分ではありません。仕事ができないと思っている人は自分の能力がないことを責めがちですが、実際はそんなことは稀です。単純にやり方を間違えているだけの場合もあれば、あなたではなく上司や同僚に問題があるケースもあります。能力的に周囲に及ばないと考えるのは、その仕事に向いていないだけかも知れません。他の仕事なら十分に能力を発揮できるケースもあります。

毎日のように「自分は仕事ができない」と考えることは、自分に「仕事ができない」というラベルを頭に貼り続けているようなものです。きちんと考えを整理して原因を特定してみると、簡単に解決できることや自分が問題ではないこともあります。

原因を探る場合は、具体的に何が問題なのかを掘り下げることが重要です。上司に怒られるのが辛いなら、「なぜ?いつ?繰り返し怒られる理由は?」など紙に書いてみましょう。問題が客観的になり解決しやすくなります。

自分を追い込まないことが重要

「仕事ができなくて辛い」と悩むことは、あなたが怠けているわけではないことを示しています。能力があって努力家の人でも仕事ができずに悩む人はいるのです。「ここを改善すればもっと・・・」と考える負けず嫌いさんの人もいますが、これにはキリがありません。

「仕事ができない」と考える原因がある程度特定できたら、自分を追い込まない方法を学びましょう。具体的には、以下の方法が有効です。

毎日1つは自分を褒める

「仕事ができない」とラベルと頭に貼り続けることの代わりに、毎日自分を褒めてあげましょう。「仕事ができない」と落ち込む人は責任感が強く真面目な人が多いです。自分に厳しいため、これを少し控えることが必要です。どんな小さなことでも良いので、今日したことで良かったこと、できたことを紙に書き出しましょう。「スケジュール管理のためにやらなければいけないことを書き出した。えらい!」と、些細なことで良いので褒めてあげてください。

リフレッシュの方法を見つける

会社のことばかり考えず、プライベートも充実させましょう。趣味を持つことで辛いことを忘れる時間を作るのです。趣味がない場合は、いろんな教室に参加してみる、英会話など能力の向上を実感できることで楽しむ、など新しいことを始めてみましょう。

できることに意識を向ける

「今日これができなかった」ではなく「今日はこれができた」と考えることでネガティブ思考をストップすることができます。物事に積極的になれるので、できること・できたことに意識を向けてみてください。

自分を追い込まないように気をつけることは大切です。追い込みすぎると「仕事を辞めたい」という気持ちになってしまうため、メンタルの管理も忘れないようにしましょう。

仕事ができない!自分でできる改善策

仕事ができない理由がわかったら改善策を実践していきましょう。具体的な改善策をお伝えします。

スケジュールは毎日更新する

期限が遅れる、仕事が遅い、完璧主義、仕事を多く受けてしまうなど、スケジュール管理に問題がある方は、スケジュールを上手に整理できるようになれば問題の多くは解決できます。以下の手順に従って、スケジュールを毎日立てていきましょう。

① 今日すべきことを書き出す
② 優先順位をつけて、実践する
③ 1日にどれくらいできたかを確認する
④ 明日のスケジュールを立てる
⑤ 仕事の朝はスケジュールを確認して必要なら組み替える

多くの仕事を受けてしまうと時間内にこなせなくなってしまうので、思い切って断る勇気も必要です。細かい点は切り捨てる覚悟も必要です。期限の範囲内にできないことが最大の問題だということを認識しましょう。

確認して反省する

ミスを繰り返してしまう人は、確認作業に時間をかけましょう。1つのタスクが完了したと思ったら、もう一度見直す時間を取ることが重要です。何度も指摘されていることがある場合は、確認メモを作ってそれをみながらチェックしていくのが確実です。

指摘されると嫌な気持ちになります。しかし、指摘する側もできれば指摘したくないのです。期待しない人には指摘すらしません。相手も自分も効率よく働けるようにするために必要な指摘なんだと受け止めましょう。確認メモに指摘事項を加えたらクヨクヨ悩まないことも重要です。

自分が悪くないと考えてしまいたいこともありますが、指摘された部分を客観的に捉え、これを変えたらもっとできる人になれると考えましょう。

周囲に聞く・相談する

指示がないと動けない人、やる気が出ない、とにかく上司が怖いという人は、仕事について人に聞く、相談するというスキルを身につけてください。

相談するということは積極的に動くということです。できる人に聞けば、簡単に解決できることもあります。「これやって大丈夫かな?」と迷うなら、すぐに聞いて解決しましょう。自主性と受け取ってもらえます。

やる気が出ない人も自分から行動を起こせば変わっていくことはあります。仕事で積極的になれば自分が本当にしたいことが見えてきます。転職への勇気も持てるかも知れません。とにかく行動すること、その出発点として人に聞く、相談することを覚えましょう。

主体的に行動することで、人生は変わる

仕事ができない人間だと自分で思う必要はありません。問題があっても改善していけば良いだけでのことです。どうしても解決できないなら、諦めるか別の方法を試せば良いのです。自分に向いていない職業だった場合は転職も考えてみましょう。一歩ずつ主体的に行動することで、人生は良い方向に動き始めます。

タイトルとURLをコピーしました