退職勧奨とは|違法ではないの?されたらどう対応すべきか

監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事は労働問題弁護士カフェを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
この監修者の記事一覧

会社の業績が芳しくないための人員整理や、会社内でトラブルを起こした等の理由から「退職勧奨」が行われることがあります。

会社が退職を促す退職勧奨は適法なのでしょうか?パワハラではないのでしょうか?

また、辞めるように仕向けられた場合、自主退職を促された場合には、労働者としてどのように対応すればよいのでしょうか?

辞めるように仕向けられた!退職勧奨とは?

「自主退職を促された」「遠回しに退職を勧められた」

退職勧奨とは、会社が労働者に対して「自主退職をするよう説得」することをいいます。

このとき、労働者側は「自主退職を促された」「遠回しに退職を勧められた」と感じるはずです。

会社と労働者との間には労働契約が締結されています。それゆえ労働者は会社で労働する義務、そして会社は賃金支払い義務を負うことになります。

この労働契約は、当事者の合意により解除することが可能です。

そこで会社は、人員整理の必要性がある場合や、労働者とのトラブル、労働者の勤務態度の不良、能力不足等の理由から、労働者に退職勧奨を行うことがあるのです。

解雇との違いは

退職勧奨と解雇は異なるものです。先述のように退職勧奨は、会社が労働者に対して退職をするよう働きかける活動です。

つまり、会社が退職勧奨をしても労働者がこれに応じない限り、労働契約関係は解消しません。

他方で解雇は、会社による一方的な意思表示により労働契約関係を解消するものです。

そのため、解雇が有効な場合、労働者の意思に関わらず、労働契約関係は終了します。

ただ、解雇は法律上厳しい制限がされています。そのため会社から解雇すると宣告されても、解雇が有効とされるケースは限られています。

よって、会社は労働者との労働契約関係を解消するために、まずは退職勧奨をし、これに応じない場合に解雇を検討することが多いでしょう。

関連記事
不当解雇とは|法律や事例、適法な解雇との違いなどをわかりやすく解説
会社に雇われている労働者が、ある日突然会社から解雇されてしまうと、その日から生活の糧を失ってしまうことになりかねませ…[続きを読む]

退職勧奨は違法?

(1)退職勧奨は原則として違法ではない

退職勧奨そのものを禁止した法律上の規定は存在しません。

退職勧奨は労働者に退職を促すだけのものです。

解雇のように直ちに労働者に不利益を科すわけではありません。

そのため、会社が退職勧奨をしたからと言って直ちには違法とはならないのです。

(2)退職勧奨が違法となる場合

ただ、会社から退職勧奨を受けた場合、労働者としてはこれに応じざるを得ないと考えこれに応じてしまったり、また不当な退職勧奨がされたりすることがあります。そのような場合には、退職勧奨が違法になることがあります。

この点について、日本アイ・ビー・エム事件判決(東京高判平成24年10月31日労経速2172号3頁)を見てみましょう。

「退職勧奨の態様が、退職に関する労働者の自由な意思形成を促す行為として許容される限度を逸脱し、労働者の退職についての自由な意思決定を困難にするものであったと認められるような場合には、当該退職勧奨は、労働者の退職に関する自己決定権を侵害するものとして違法性を有する」

具体的に言えば、下記のような場合などには、退職勧奨は違法となる可能性があります。

  • ①会社が労働者の性別を理由として女性だけに退職勧奨をしたような場合(男女雇用機会均等法6条4号)
  • ②正当な目的がないのに退職勧奨が行われた場合
  • ③退職勧奨に際して暴力や強迫が用いられた場合
  • ④労働者の拒絶にもかかわらず執拗に退職勧奨がされた場合

パワハラと退職勧奨の関係

パワハラとは、①職場において行われる優越的な関係を背景とした言動で②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものであり③労働者の就業環境が害されるもの、をいいます。

退職勧奨=違法とはならないのと同様に、退職勧奨=パワハラとなるわけではありません。

ただ、退職勧奨の際に暴力や強迫が用いられた場合に、退職勧奨がパワハラにあたることもあります。もっとも、パワハラに至らない程度の行為でも退職勧奨が違法とされるケースはあるでしょう。

関連記事
パワハラの定義とは|6つの種類・基準をわかりやすく解説!
「パワハラ」という言葉を聞いたことがある方は、最近では非常に多くなってきているのではないでしょうか。 パワハラは「パ…[続きを読む]

退職勧奨がされた場合の対応

応じる義務はなし

退職勧奨がされても、労働者がこれに応じる義務はありません。

そのため、会社からの退職勧奨を無視し、そのまま労働者として会社で働くことはできます。もっとも、退職勧奨をされた場合には、その会社に居づらくなる方も多くいるでしょう。

労働者としてはその会社で働きたいか否かで対応は異なります。そのため、退職勧奨の対応としては、その会社に残りたい場合と辞めてもよい場合で分けて考える必要があります。

働き続けたい場合は、丁寧に断る

その会社に残ってこれからも働き続けたい場合には、退職勧奨について丁重にお断りすればよいです。

退職勧奨に応じない限り、労働契約関係は継続するため、退職勧奨を拒絶ないし無視さえしていれば、その後も働き続けることが可能です。

もっとも、退職勧奨に応じない場合、会社から解雇がされるケースもあります。解雇が有効である場合には、労働契約関係は解消されてしまいます。

辞める場合は、退職の際の条件について尋ねる

退職勧奨にしたがって会社を辞めても良いと考える場合には、まず退職の際の条件について尋ねるべきです。

具体的には、どの時期に退職するのか、退職金の支給や増額の有無についてです。退職勧誘に応じた場合には退職合意書が作成することとしている会社が多いので、そこに記載された事項をしっかり確認しましょう。

悪質な場合は損害賠償請求

なお、退職勧奨のやり方が悪質な場合(面談の際に脅迫などを用いた場合、執拗に退職勧奨をした場合等)には、損害賠償請求をすることも考えられます。

まとめ

今回は、「会社側から自主退職を促された」「遠回しに退職を勧められた」と感じた労働者の方向けに、退職勧奨の内容、またそのものが違法か適法であるか否かについて解説しました。

もしも、労働審判や最終的に裁判となった場合には、証拠の保全・収集がとても大切になってきます。

これらについて1人で判断したり行動したりするのは困難を極めます。

そのため、退職勧奨がされた場合には、法律のプロである弁護士に相談することをお勧めします。

【仕事辞めたい】会社がつらいと思ったらやるべきこと

①会社がつらすぎる!仕事を辞めたい

昨今、大企業にしろ中小企業にしろ、劣悪な労働環境によって引き起こされた事件事故が少なくありません。

もしも、ご自身が勤めている企業がそのような企業で、以下のような労働環境で一切処遇改善も行わないなら「退職」を申し出るしかないでしょう。

  • 「体力的にも精神的にも限界がきて、不調をきたしている。」
  • 「人員不足で何をいっても、退職を認めてもらえない」
  • 「体育会系・ブラックすぎて、申し出た後に何をされるか分からなくて怖い。」
  • 「上司や人事に強く説得され、退職を引き止められてしまう」
  • 「顔を合わせることを考えるだけで、胸が痛い・吐き気がする」

心と体がさまざまなSOSのサインを出しているときに、退職の意思を伝えることとはなかなかのパワーが必要です。

退職は、ぼんやりといつか辞めたいなぁと思っているだけでは、なかなか実行できません。

ただ、覚えておくべきことは「会社の事考えずに退職した方がいい」ということです。急な退職はめちゃくちゃ迷惑をかけるから躊躇してしまうという方も多いでしょうが、自責や罪悪感を感じる必要はまったくありません。

仕事がキツすぎて逃げるように退職することは決して悪いことではありません。

変に留まってしまったり、会社側の態度を気にしてしまう方が、お互いにとってよくないと考えましょう。

②退職を切り出す勇気がない方必見!『退職代行サービス』

退職をご自身で言い出せる環境にない方は、退職を失敗しないために『退職代行サービス』の利用が不可欠です。

「退職代行サービス使うと余計に揉めるかな?」って考えている人は心配ご無用!ポイントは3つです。
  • ①即時退職
  • ②連絡不要
  • ③お金の心配は不要
①退職代行サービスなら「無料相談→必要事項を返信→振り込み→当日電話→すんなり離職票」までサクサク終わります。

②退職代行サービスを利用しても、相手側はいろんな手を利用してコミュニケーションを取ろうとして来る場合もありますが、退職代行サービスを利用して回避することが可能です(着信拒否&Lineブロックを忘れずに)。

③金額相場は25000~40000円で金額は決して安くはありませんが、退職前に「有給消化」をすることで収支トントンになる可能性があります(*退職するのが難しい企業の場合、ふだんから有給すら消化させていないケースも多いでしょう)。

退職のダラダラ引き伸ばしで、絶対に会社に殺されないようにしましょう。

1人で悩まず、今すぐ当事者と利害関係のない公正中立な第三者の専門家の力を借りて解決を図りましょう。

③【2022年版】退職代行ランキング - 業界実績No.1!

今回は、退職代行サービスの中でも、サポートの質が高い3社を厳選してご紹介します。

【会社側と話したくない!】
①【退職代行サービス】辞めるんです

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービスがスタートしました。退職代行サービスで、会社に連絡せずに退職!即日対応!LINEでの無料相談可能。退職届のテンプレもキャンペーンでプレゼント。多数メディア実績あり。
解決実績多数!詳しくはこちら
【心を病みきってしまう前に】
②【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら

即日退職可能!

即日退職可能!

即日退職可能!業界最安値クラスの料金!退職届テンプレを無料でプレゼント。加えて無料の転職サポート!4000人以上、16年以上の実績があり、退職成功率100%の実績があります。
解決実績多数!詳しくはこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!