退職金がもらえない!少なすぎ!退職金なしは違法じゃないの?法律を解説

  • 「転職等による退職を考えているものの、退職金をもらえるかどうか不安だ」
  • 「退職金制度の対象だったはずなのに、退職金が出ない・もらえなかった」

このようなお悩みを抱いている方は、比較的多くいらっしゃるかと思います。

退職金をもらえるかどうかは、会社の退職金制度の有無や、会社が定める支給基準によって異なります。

ご自身が退職金をもらえるかどうか不安な方や、会社から退職金の支給を受けられなかった方は、法的な観点から検討を行うため、一度弁護士にご相談ください。

今回は、退職金に関する法律上の取り扱い、正社員で退職金なしの会社はや違法だからやめとくべきか、また退職金ない会社はブラック企業だからやばいのか、自己都合で自主退職の場合の減額率、もらえないケース、もらえない場合は労基に行くべきかのか、について解説します。

正社員に退職金なしは違法か|退職金を支払う義務はあるのか?

会社が従業員に対して退職金を支払う義務を負うかどうか、退職金なしが違法かどうかについては、会社の退職金制度の有無や、会社が定める支給基準に応じて結論が異なります。

「退職金ない会社はやばい!やめとけ!」は真っ赤なウソ

就活に関するサイトやYahoo!知恵袋などの掲示板、TwitterなどのSNSでは「退職金ない会社はやばい!」「正社員に退職金が出ない会社は違法ではないか」といった意見がたまに見受けられます。

しかし労働基準法上、会社には退職金制度を導入する義務はそもそもありません。

例えば、有給を従業員に使わせないとか、パワハラ・セクハラが横行しているとか、残業超過だ、賃金・残業代未払いだ、といったような問題は労働基準法をはじめ法律上適法ではないケースが多いです。

ただ、退職金の支払いについては法律上会社が出る出ないを任意に判断してもまったく問題ないとされております。就業規則の作成・届出義務を定める労働基準法89条3号の2では「退職手当の定めをする場合においては」との記載もあります。

そのため、退職金がない会社は一律でやばいともいえないですし、違法でもないのです。

退職金制度は、従業員の功労に対する報奨や企業の魅力向上などの観点から、あくまでも会社の判断により導入されているものであって、法律上導入が義務付けられた制度ではないのです。

退職金がもらえる条件|労働契約の一部で、導入した場合は支払義務あり

退職金制度を導入した場合、その内容を就業規則に明記する必要があります(労働基準法89条3号の2)。

就業規則に記載されているということは、事業場におけるすべての労働者との関係で、その内容が労働契約の一部になることを意味します。

つまり、退職金制度が導入されている場合には、退職金の支払いに関するルールは労働契約の一部となっているのです。

退職金制度の導入自体は会社の任意であるものの、いったん退職金制度を導入したら、会社は従業員に対して退職金を支払う義務を負います

こうして正社員などの従業員は退職金がもらえる条件を満たすわけです。

退職金はもらえないケースもある?支給・不支給の理由・決定基準

退職金制度が導入されていても、具体的な事情の如何によっては、支給基準に照らして退職金が減額されたり、支給されなかったりするケースがあります。

退職金の支給基準は就業規則に従う

前述のとおり、退職金制度は会社が任意に定めるものなので、退職金の支給基準についても、会社が自由に決定できます。

退職金(退職手当)の支給については、以下の事項を就業規則で定めなければなりません(労働基準法89条3号の2)。

  • 退職金制度が適用される労働者の範囲
  • 退職金の決定、計算、支払いの方法
  • 退職金の支払い時期

したがって、就業規則の退職金規定を確認すれば、ご自身が退職金支給の対象であるかどうかがわかります。

退職金が減額・不支給・もらえないケースの例

就業規則上のルールによっては、退職金が減額されたり、不支給となったりする場合があります。退職金が減額・不支給となる場合としてよくある例は、以下のとおりです。

①自己都合、自主退職の場合「減額率の規定」

自己都合で自主退職する従業員に支給する退職金は、会社都合退職の場合に比べて、一定程度減額される場合があります。
多くの企業が自己都合退職時の減額率を設けてはいますが、減額率については法律上の決まりは特にないので、一律でいくらぐらい減額されるということは言えません。

なお、東京都産業労働局のサイトでは、学校卒業後に入社し、標準的な昇進をした場合の退職金の水準が公開*されています。

*中小企業の賃金・退職金事情(令和2年版)https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/toukei/koyou/chingin/r2/

こちらを確認してみると、たしかに自主退職か会社都合による退職かで、退職金の金額が変わっている、つまり減額率が設定されていることが分かりますし、また勤続年数や経歴によっても退職金に差があることがわかります。またこれは東京都の場合で、地方の場合はまた金額相場、減額率は異なるでしょう。

この水準を計算しても分かる通り、10%~30%ほどの減額率が設定されている可能性があることは念頭においておきましょう。

詳しくは、勤め先の退職金規定を必ずご確認ください。

また正当な理由なく「半額にされた」「もらえなかった」という方は、対処法を後述するので併せてご確認ください。

②諭旨解雇された場合「減額あり」

「諭旨解雇」とは、就業規則違反等を理由として、会社が従業員に対して退職を勧告する懲戒処分です。

諭旨解雇は2番目に重い懲戒処分であり、悪質な就業規則違反等を犯した従業員に適用されます。

そのため、諭旨解雇により退職する従業員については、退職金を3割から7割程度減額するケースが多いです。

③懲戒解雇された場合「不支給もあり」

「懲戒解雇」とは、就業規則違反等を理由として、会社が従業員を強制的に退職させる(解雇する)懲戒処分です。

懲戒解雇はもっとも重い懲戒処分であり、きわめて悪質な就業規則違反等を犯した従業員に適用されます。

そのため、懲戒解雇により退職する従業員については、退職金を不支給とするケースが多いです。

退職金トラブル!退職金が減額・出ない場合の対処法は?

正当な理由がないのに退職金少なすぎる!出ない!

就業規則上の退職金支給基準に照らして、退職金支給の対象になっているはずなのに、退職金をもらえなかった、少なすぎたというトラブルケースもたまに見受けられます。

前述のとおり、退職金制度が導入されている場合には、会社は従業員に対して、支給基準に従った退職金を支払う義務を負います。

正当な理由がないのに、会社が勝手に退職金を減額したり、不支給としたりすることは認められません。

もし適正な退職金を受け取ることができなかったトラブルケースや、退職金の規定すら見せてもらえない場合は、以下の手続きによって、会社に退職金の支払いを求めましょう。

退職金の支払い交渉をする

まずは会社に対して、退職金不支給の不当性を訴え、適正な退職金の支払いを求めて交渉しましょう。

退職金支給の根拠を論理的に主張できれば、会社が任意に退職金を支払う可能性もあります。

特に「弁護士」を代理人として退職金の支払い交渉を行うと、会社の側に法的紛争を避けたいという思惑が働き、退職金の支払いを受けられる可能性が高まります。

労働審判で退職金の支払いを求める

交渉をしても会社が退職金を支払おうとしない場合、次に考えられる請求手段は「労働審判」です。

労働審判は、裁判官と労働審判員で構成される労働審判委員会が、労働関係のトラブルに関して判断・解決を行う法的手続きです。

証拠資料を用いて法的な主張を戦わせる点は訴訟に似ていますが、審理は原則3回以内で終了するため、訴訟よりも短期間で結論を得られるメリットがあります。

なお、労働審判期日は、訴訟とは異なり非公開で行われます。

労働審判手続きでは、客観的な事実に基づいて労働審判委員会が審判を行います。

そのため、きちんと資料と戦略を整えて労働審判に臨めば、支給基準に照らして適正な退職金を受け取れる可能性が高いです。

関連記事
労働審判とは|費用や流れ、有利に運ぶためのポイントを解説
給料の未払いなどの労働問題を解決するための手段の一つとして「労働審判」があります。 この記事では、労働審判とはなにか…[続きを読む]

訴訟で退職金の支払いを求める

労働審判に対して、当事者のいずれかから異議が申し立てられた場合、自動的に訴訟手続きへ移行します。

訴訟では、裁判所の公開法廷において、退職金債権の存在を証拠により立証しなければなりません。

審理の回数に制限はなく、半年~1年程度の長期間を要するケースもよくあります。

それでも、退職金債権に関する確実な資料・根拠を提示できれば、裁判所に従業員側の主張が認められる可能性は高いです。

弁護士と相談しながら、注意深く訴訟の準備を進めましょう。

退職金を払わない!不払いに対する罰則は?

正当な理由なく退職金を支払わない使用者は、従業員から退職金の支払い請求を受けることに加えて、労働基準法に従い罰則を受ける可能性があります。

退職金は「賃金」に当たるため、使用者は通貨で直接労働者に全額を支払わなければなりません(労働基準法24条1項)。

退職金の不払いは、上記規定の違反に該当し、違反した会社には「30万円以下の罰金」が科されます(同法120条1号、121条1項)。

なお、労働基準法上の犯罪に関する刑事処分は、警察ではなく「労働基準監督署(通称 労基)」が行うことになっています(同法102条)。

退職金の不払いに関する相談先は?

退職金をもらえなかったことについて納得がいかない場合、対処法について専門機関のアドバイスを受けることをお勧めいたします。

退職金の不払いに関する相談先としては、労働基準監督署と弁護士の2つがあります。

 労働基準監督署(労基)

労働基準監督署は、各企業における労働基準法の遵守状況を監視・監督する行政機関です。

従業員には、会社の労働基準法違反につき、労働基準監督署への申告を行うことが認められています(労働基準法104条1項)。

従業員による申告を受けた労働基準監督署は、臨検(立ち入り調査)などを通じて労働基準法違反の有無を確認し、違反があった場合には、会社に対して行政指導や刑事処分を行います。

労働基準監督署による行政指導等が行われれば、会社が態度を改め、退職金を自発的に支払うようになる可能性があります。

ただし、労働基準監督署は従業員の代理人ではないため、退職金の支払い請求を直接サポートしてくれるわけではないことに注意しましょう。

弁護士

会社に対して直接退職金の支払いを求めたい場合は、弁護士への相談をお勧めいたします。

弁護士は、従業員の代理人として、退職金の支払い請求を一括してサポートします。

会社との交渉や、労働審判・訴訟などの法的手続きについても、弁護士に依頼すればスムーズな対応が可能です。

従業員が、立場の強い会社に対して立ち向かうためには、弁護士の法的な知見を活用することが大いに役立ちます。

退職金の不払いにお悩みの従業員の方は、ぜひ一度弁護士にご相談ください。

まとめ

今回は退職金がもらえないケース、自己都合・自主退職などの減額率について、退職金ない会社はやばいのかやめとくべきなのか、もらえる条件や法律などについて解説しました。

退職金制度を導入するかどうかは会社の任意ですが、退職金制度を導入している場合には、会社は従業員に対して退職金を支払う義務を負います。

退職金制度の内容によっては、自己都合退職・諭旨解雇・懲戒解雇など、退職金が減額または不支給となる場合もあり得ます。
しかし、正当な理由なく、会社が勝手に退職金を減額したり、不支給としたりすることは認められません。

もし本来もらえるはずの退職金がもらえず、会社の判断に納得がいかない場合には、一度弁護士にご相談ください。
退職金に関するルールや具体的な事情を分析したうえで、適正な退職金の支払いを受けられるようにサポートいたします。

【仕事辞めたい】会社がつらいと思ったらやるべきこと

①会社がつらすぎる!仕事を辞めたい

昨今、大企業にしろ中小企業にしろ、劣悪な労働環境によって引き起こされた事件事故が少なくありません。

もしも、ご自身が勤めている企業がそのような企業で、以下のような労働環境で一切処遇改善も行わないなら「退職」を申し出るしかないでしょう。

  • 「体力的にも精神的にも限界がきて、不調をきたしている。」
  • 「人員不足で何をいっても、退職を認めてもらえない」
  • 「体育会系・ブラックすぎて、申し出た後に何をされるか分からなくて怖い。」
  • 「上司や人事に強く説得され、退職を引き止められてしまう」
  • 「顔を合わせることを考えるだけで、胸が痛い・吐き気がする」

心と体がさまざまなSOSのサインを出しているときに、退職の意思を伝えることとはなかなかのパワーが必要です。

退職は、ぼんやりといつか辞めたいなぁと思っているだけでは、なかなか実行できません。

ただ、覚えておくべきことは「会社の事考えずに退職した方がいい」ということです。急な退職はめちゃくちゃ迷惑をかけるから躊躇してしまうという方も多いでしょうが、自責や罪悪感を感じる必要はまったくありません。

仕事がキツすぎて逃げるように退職することは決して悪いことではありません。

変に留まってしまったり、会社側の態度を気にしてしまう方が、お互いにとってよくないと考えましょう。

②退職を切り出す勇気がない方必見!『退職代行サービス』

退職をご自身で言い出せる環境にない方は、退職を失敗しないために『退職代行サービス』の利用が不可欠です。

「退職代行サービス使うと余計に揉めるかな?」って考えている人は心配ご無用!ポイントは3つです。
  • ①即時退職
  • ②連絡不要
  • ③お金の心配は不要
①退職代行サービスなら「無料相談→必要事項を返信→振り込み→当日電話→すんなり離職票」までサクサク終わります。

②退職代行サービスを利用しても、相手側はいろんな手を利用してコミュニケーションを取ろうとして来る場合もありますが、退職代行サービスを利用して回避することが可能です(着信拒否&Lineブロックを忘れずに)。

③金額相場は25000~40000円で金額は決して安くはありませんが、退職前に「有給消化」をすることで収支トントンになる可能性があります(*退職するのが難しい企業の場合、ふだんから有給すら消化させていないケースも多いでしょう)。

退職のダラダラ引き伸ばしで、絶対に会社に殺されないようにしましょう。

1人で悩まず、今すぐ当事者と利害関係のない公正中立な第三者の専門家の力を借りて解決を図りましょう。

③【2022年版】退職代行ランキング - 業界実績No.1!

今回は、退職代行サービスの中でも、サポートの質が高い3社を厳選してご紹介します。

【会社側と話したくない!】
①【退職代行サービス】辞めるんです

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービスがスタートしました。退職代行サービスで、会社に連絡せずに退職!即日対応!LINEでの無料相談可能。退職届のテンプレもキャンペーンでプレゼント。多数メディア実績あり。
解決実績多数!詳しくはこちら
【心を病みきってしまう前に】
②【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら

即日退職可能!

即日退職可能!

即日退職可能!業界最安値クラスの料金!退職届テンプレを無料でプレゼント。加えて無料の転職サポート!4000人以上、16年以上の実績があり、退職成功率100%の実績があります。
解決実績多数!詳しくはこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!