会社の人間関係が嫌な場合の「退職理由」の伝え方・例文を解説

職場の人間関係に悩んでいる人はとても多いといわれています。

しかし、いざ退職すると決断した際に「人間関係を退職理由にして良いのか?」「角が立たないだろうか?」と不安になる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、人間関係を理由に退職する場合の伝え方についてご説明します。パワハラなど人間関係で仕事を辞めたくなる理由、角が立たない退職・転職の伝え方、人間関係を理由に退職する場合に気をつけるべきポイントを解説します。

人間関係が辛い…会社を辞める理由になる?

まずは、人間関係で会社を辞める、転職することについて、どのような悩みを持つ人が多いのかをみていきましょう。

人間関係がつらすぎる!

多くの人が、職場の人間関係に大なり小なり悩みをを抱えています。例えば、上司や同僚との関係がうまくいっていないというものから、嫌がらせを受けているという事情まで内容は様々です。

実際のところ、厚生労働省の雇用動向調査結果の概要(平成30年)によると、「職場の人間関係が好ましくない」という理由で会社を退職した人は約7.7%という結果でした。

それほど多くないようにも見えますが、前年と比べるとこの項目の伸び率が一番高かったようです。つまり、職場の人間関係に悩み退職している人は増加傾向にあるということになります。

人間関係を理由に辞めたくなる具体的な理由

人間関係を理由に会社を辞める具体的な理由としては、以下のような内容が並んでいます。

  • 上司や先輩に対する不満やいじめ
  • 社長やその家族との関係
  • パワハラ、セクハラ
  • 派閥やグループによる嫌がらせ
  • 社風からくる人間関係の悩み
  • 精神状態がよくない・やる気が出ない

上司・先輩に対する不満

職場の人間関係の悩みで特に多いのが、上司や先輩との上下関係です。避けられない関係性であるだけでなく、自身が指示を聞く側であることから悩みを抱えやすいという問題があります。自身の評価を気にすると、言いたいことや文句があっても言えないことからストレスに感じ辞めたいと考える人が多いのです。

また社内いじめも同様です。いじめが毎日のように繰り返されると、抵抗することすら難しくなってしまいます。ご自身に気力が残っている間に適切な対応を取るのが一番です。その1つとして退職も検討すべきでしょう。

社長やその家族との関係性

また中小企業に多い悩みは、社長やその家族との関係性です。家族経営の場合は、社長が独断で判断してしまうことも多くそれに反対できる社内の空気も薄いことから、うまく馴染めない人にとっては苦痛に感じるでしょう。社内行事に家族がいて頻繁に誘われる、あるいは会社内に社長の家族がいる場合は余計に気を遣うことから、余計なストレスを抱えてしまう人もいます。

パワハラ・セクハラ

パワハラ、セクハラも人間関係からくる悩みの1つです。上司、先輩が威圧的な指示を出してきたり、同僚に悪口を言われ、場合によっては暴力を振るわれる人もいます。身体に触れるといった典型的なセクハラから口頭による性的な発言まで、長い期間我慢していたという方も少なくありません。

パワハラ、セクハラはご自身だけでなんとかできると考えるべきではなく、周囲の信頼できる人や人事部などの必要な部署に報告すべきです。

それでも解決できない場合や相談することすら難しい場合は真剣に退職を検討して下さい。すでに多くのストレスを抱えていることから、心身に影響を来す前に会社を離れるべきでしょう。

派閥やグループによる嫌がらせ

大きな企業では、社内に派閥やグループができていることも難しくなく、その中で噂や嫌がらせをされてしまい、社内にいづらくなってしまうこともあります。場合によっては社内いじめに発展することもあり、深刻な問題を孕んでいます。

社風が合わない

さらに社風が合わないといった悩みもあります。体育会系の社風で飲み会が多くひどく飲まされるケースや根性論を仕事で押し付けられ評価されないといった悩みもあります。

精神状態がよくない・仕事自体にやる気が見出せない

上記のような深刻な問題はないものの、職場の人間関係を理由に精神に支障をきたし始めているという方もいらっしゃるでしょう。

うつ病や他の精神疾患に陥ってしまうと、復帰までに多くの時間を費やすことになります。もう耐えられないと思う前の段階で職場を離れることを検討するのも1つの選択と言えます。

人間関係も問題だが、仕事自体にもやる気が見出せないという方もいらっしゃるでしょう。思っていた仕事内容と異なる場合や学べることがもうない場合、キャリアアップしたいと考えている場合は次のステップに進むべきです。

人間関係を理由に退職!角が立たない伝え方

「退職の伝え方」で不安になりやすい

退職の意思が固まったら、早めに退職の準備を進めていきましょう。

しかし、皆さんが最も不安になりやすいが「退職理由の伝え方」です。

「人間関係が苦痛なので辞めます」と率直に言える方は少なく、このように本心を言ってしまうと、引き止めにあったり、受け入れてもらえなかったり、など別の問題が発生することがあります。

できるだけ波風を立てないように退職するためにも、上手な伝え方を学んでおくべきです。

「退職の伝え方」の例文

人間関係を理由に辞める場合、社風が合わない場合、パワハラの場合の、角が立たない伝え方の例文は下記のとおりです。

例文1:ポジティブな転職

ポイントは、ポジティブな転職理由や伝え方を考えることです。例えば、別の分野で働くための転職であればポジティブな理由になりえます。

  • 例文:「よく考えた結果、他の分野でもチャレンジしたいという気持ちになり退職を決断いたしました。ここで学んだことを活かし、次の業界に進みたいと考えています。」

例文2:キャリアアップのための転職

あるいはキャリアアップのための転職に置き換えて伝える方法でも良いでしょう。

しかし、この場合は注意点があります。なぜなら「今の職場でできる」と引き留めに会う可能性もあるからです。

そのため「今の会社では学べないポイント」があることを伝えることが重要です。

  • 例文:「ここでは多くのことを学びましたが、仕事に従事しているうちに同じ分野の〇〇にも興味を持つようになりました。今いる業界を幅広く知り、勉強するためにも会社を退職し、〇〇を扱ってみたいという気持ちに至りました。」

例文3:家庭の事情

他にも、家庭の事情を理由にして伝えるのも良いでしょう。しかし、完全な嘘の場合は後々問題になることがあるため、人間関係以外にこれらの理由がある場合にのみ伝えるべきです。

  • 例文:「家族の介護をすることになり、今の労働環境に従事することが難しくなったため、退職を決断いたしました。」

例文4:持病の悪化

ご自身の持病の悪化を理由にして伝えるのも良いですが、これも上記と同じで、完全な嘘の場合は後々問題になることがあるため、人間関係以外にこれらの理由がある場合にのみ伝えるべきです。

  • 例文:「持病が悪化したため、しばらく療養するために退職を決断いたしました。」

上記のような退職理由が言うことも辛い場合

上記のような例文の退職理由を伝えることすら心理的にしんどい方も多いはずです。

特に会社側に問題があるケース(ブラック企業など)、労働者側の性格(内向的)などが後押しになって、そういう状況が発生することが多いです。

このようなケースの場合は「退職代行サービス」を利用するのも良いでしょう。

特に営業関係、医療介護関係、運送業などハードな環境に置かれがちの人の利用率が高いです。

下記記事が詳しいので、一度検討してみてください。

関連記事
退職代行サービスおすすめランキング|長所・短所を比較しながら解説
「退職代行サービスを利用したいけど、どのサービスを使えば良いのか分からない・・・」 「退職代行のおすすめランキングと…[続きを読む]
【会社側と話したくない!】
【退職代行サービス】辞めるんです

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービスがスタートしました。退職代行サービスで、会社に連絡せずに退職!即日対応!LINEでの無料相談可能。退職届のテンプレもキャンペーンでプレゼント。多数メディア実績あり。
解決実績多数!詳しくはこちら

人間関係が理由の退職!気をつけるべき2つのポイント

人間関係を理由に退職する場合は、退職前と転職時に気をつけるべきポイントがあります。

退職の意思を固めた場合でも、退職前にきちんと確認しておくことがあります。それは以下の2点です。

考える時間の確保・期限の設定

まず、退職する場合はきちんと考える時間を作りましょう。

辛い時期の場合、感情や勢いだけで退職を判断してしまいがちです。休みの日にでも、現在の会社に在籍するメリットとデメリットを考え、冷静に判断することが大切です。

そして、悩みすぎるのも良くないため、期限を設定して考える・悩みことをおすすめします。この日までと決めて、少し待ってから退職届を出すなり、退職代行サービスを利用するなりしましょう。

現状が変わらない可能性も覚悟する

最後に、今の会社を辞めて必ず良い会社に就職できるわけではありません。

今は苦痛かもしれませんが、一時的なもので状況は変わることもあります。仕事の内容を含めて自分にとってより良い選択をするためにも、過度に転職に期待するのも危険だということを理解しておきましょう。

転職はポジティブに

また転職活動では、「人間関係」を理由に退職したことは伏せましょう。コミュニケーション能力に問題があると捉えられてしまう可能性は否定できません。

面接では、会社にとってプラスになる人材であることをアピールすることが重要です。

ネガティブな理由ではなく、キャリアアップややりたい仕事があったなどここでも退職時と同様に良い側面を伝えるようにしましょう。

退職の決断は誰にとっても一大決心です。迷う気持ちは当然ですが、良い風向きに変えるためにも退職するかどうかは期限を決めて、計画通りに進めていくことが大切です。

【仕事辞めたい】会社がつらいと思ったらやるべきこと

①会社がつらすぎる!仕事を辞めたい

昨今、大企業にしろ中小企業にしろ、劣悪な労働環境によって引き起こされた事件事故が少なくありません。

もしも、ご自身が勤めている企業がそのような企業で、以下のような労働環境で一切処遇改善も行わないなら「退職」を申し出るしかないでしょう。

  • 「体力的にも精神的にも限界がきて、不調をきたしている。」
  • 「人員不足で何をいっても、退職を認めてもらえない」
  • 「体育会系・ブラックすぎて、申し出た後に何をされるか分からなくて怖い。」
  • 「上司や人事に強く説得され、退職を引き止められてしまう」
  • 「顔を合わせることを考えるだけで、胸が痛い・吐き気がする」

心と体がさまざまなSOSのサインを出しているときに、退職の意思を伝えることとはなかなかのパワーが必要です。

退職は、ぼんやりといつか辞めたいなぁと思っているだけでは、なかなか実行できません。

ただ、覚えておくべきことは「会社の事考えずに退職した方がいい」ということです。急な退職はめちゃくちゃ迷惑をかけるから躊躇してしまうという方も多いでしょうが、自責や罪悪感を感じる必要はまったくありません。

仕事がキツすぎて逃げるように退職することは決して悪いことではありません。

変に留まってしまったり、会社側の態度を気にしてしまう方が、お互いにとってよくないと考えましょう。

②退職を切り出す勇気がない方必見!『退職代行サービス』

退職をご自身で言い出せる環境にない方は、退職を失敗しないために『退職代行サービス』の利用が不可欠です。

「退職代行サービス使うと余計に揉めるかな?」って考えている人は心配ご無用!ポイントは3つです。
  • ①即時退職
  • ②連絡不要
  • ③お金の心配は不要
①退職代行サービスなら「無料相談→必要事項を返信→振り込み→当日電話→すんなり離職票」までサクサク終わります。

②退職代行サービスを利用しても、相手側はいろんな手を利用してコミュニケーションを取ろうとして来る場合もありますが、退職代行サービスを利用して回避することが可能です(着信拒否&Lineブロックを忘れずに)。

③金額相場は25000~40000円で金額は決して安くはありませんが、退職前に「有給消化」をすることで収支トントンになる可能性があります(*退職するのが難しい企業の場合、ふだんから有給すら消化させていないケースも多いでしょう)。

退職のダラダラ引き伸ばしで、絶対に会社に殺されないようにしましょう。

1人で悩まず、今すぐ当事者と利害関係のない公正中立な第三者の専門家の力を借りて解決を図りましょう。

③【2022年版】退職代行ランキング - 業界実績No.1!

今回は、退職代行サービスの中でも、サポートの質が高い3社を厳選してご紹介します。

【会社側と話したくない!】
①【退職代行サービス】辞めるんです

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービスがスタートしました。退職代行サービスで、会社に連絡せずに退職!即日対応!LINEでの無料相談可能。退職届のテンプレもキャンペーンでプレゼント。多数メディア実績あり。
解決実績多数!詳しくはこちら
【心を病みきってしまう前に】
②【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら

即日退職可能!

即日退職可能!

即日退職可能!業界最安値クラスの料金!退職届テンプレを無料でプレゼント。加えて無料の転職サポート!4000人以上、16年以上の実績があり、退職成功率100%の実績があります。
解決実績多数!詳しくはこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!