転職で後悔!後悔するパターン・理由・失敗しないためにおさえておくポイント

意を決して転職したものの「転職後の仕事が辛すぎる」「転職後の方がしんどい…」と、転職を後悔する人は少なくありません。転職になぜ失敗してしまったのだろう?と考えすぎる前に、よくあるケースについてここで確認しておきましょう。

これから転職を考えている方にとっても必見です。

今回は、転職後に後悔するパターンについて解説します。転職に後悔する人の特徴から、転職で後悔する理由、転職で後悔した後の結末、転職に失敗しないためにできること、失敗に気づいてからすべきことまで、ご説明します。

転職で後悔する人の特徴・パターン

「新しい職場になかなか馴染めない」「転職して1年が経過したけれど未だに馴染めない」と悩んでいる方は、残念ながら転職に失敗したのかもしれません。転職に失敗する人の特徴としては以下をあげることができます。

  • あまり考えずに勢いで転職を決意した
  • きちんと情報収集をせず就職した
  • 自分の問題と向き合っていない

あまり考えずに勢いで転職を決意した

よくあるのは勢いで転職を決意してしまったケースです。長い期間悩んできた結果、後先を考えずにいきなり会社を辞めてしまったという方の中には、転職を後悔したという方が多くいます。この場合、転職について深く考えることなく辞めてしまったことから、再就職先も自分に合った会社を見つけることができず苦労してしまいます。

"飛びつき"に注意!きちんと情報収集をせず転職

転職をするためには多くの事前準備が必須です。しかし、以前の職場が本当に嫌だと感じストレスを受け続けていた場合、良い条件の転職先が目の前にして飛びついてしまったというケースがあります。転職先の情報などもきちんと調べることなく、新しい職場に行ってしまうと、「思っていたことと違う」という問題が起こりやすいのです。

自分の問題と向き合っていない

以前の会社がブラック企業であった、雇用条件がよくなかったという理由でやめる方はたくさんいます。このように会社や環境が悪いケースも多くありますが、何度も転職を繰り返している場合は、根本的な問題と向き合うタイミングがどこかで必要になるケースもあります。

例えば、自分自身にあった仕事はなんなのかと自身に問い、しっかりと根本的な問題を見極めてから転職活動を行う必要があります。

これをせずに転職することで問題を解決した気になると、後に後悔することがあるのです。

転職を後悔した理由

転職を後悔した理由としてよく挙げられるのは以下のような内容です。

  • 労働条件や給与に不満がある
  • 自分の思っていた仕事と異なる
  • 職場の人間関係が悪い
  • 会社の悪い部分を見抜けなかった

労働条件や給与に不満がある

転職で後悔する理由としてよくあるのは、待遇面のギャップです。事前に聞いていた労働条件とは異なることから、不満が生じてしまいます。特に残業量などは実際に働いてみないと実情がわからないこともあり、思っていた環境と異なるというギャップが生じてしまいます。

自分の思っていた仕事と異なる

「やりたい仕事をするために転職した」という方が陥りやすいのが、自分の持っていた仕事と異なるという問題です。実際に働いてみると、自分がやりたい仕事をなかなかさせてもらえず、転職したのに意味がなかったと感じてしまいます。上司と掛け合うことで解決することもありますが、結局状況が変わらない場合失敗したと感じます。

職場の人間関係が悪い

職場の人間関係は、労働環境で不満となりやすい理由です。これも実際に働いてみないと人間関係の良好さはわかりません。仕事内容には満足しているものの、人間関係が最悪で悩んでしまう人もいます。

会社の悪い部分を見抜けなかった

転職してみたら「完全なるブラック企業だった」というケースもあります。事前に情報収集も怠らなかったのに、就職前に見抜けなかったパターンです。どれだけ転職の事前準備をしても不運に見舞われることはあります。自分では解決しようがない問題を転職先の会社が抱えている場合は、再度の転職も考えなければいけません。

転職を後悔した後の結末

転職を後悔した場合、多くの方はどのような対処をしているのでしょうか?

  • なんとか転職先の会社で頑張る
  • 会社を辞めてしまう
  • 元の会社に逆戻り
  • ストレスがピークに達し、うつ病に

なんとか転職先の会社で頑張る

転職後に後悔した場合でも「再就職は大変」と考えるのが一般的です。そのため、もう少しこの会社で頑張ってみようと気持ちを持ち直して働き続ける方も多いです。

会社を辞めてしまう

転職後に仕事でミスなどが多く、落ち込んでしまう方もいます。ストレスがピークに達した結果、会社を再度やめる決断をした方もいます。その後の転職活動で失敗の経験を生かし、新しい職場を見つける方がほとんどですが、場合によっては、元の会社に戻る方もいらっしゃいます。

最近は、退職を言い出せない人のための退職代行サービスも人気です。

関連記事
退職代行を退職代行業者に依頼するメリット・デメリット
退職を考えている方の中には、退職代行サービスを利用しようとしている方がいると思います。 しかし、退職代行サービスは退…[続きを読む]
関連記事
退職代行サービスおすすめランキング|長所・短所を比較しながら解説
「退職代行サービスを利用したいけど、どのサービスを使えば良いのか分からない・・・」 「退職代行のおすすめランキングと…[続きを読む]

元の会社に逆戻り

前の会社と良好な関係を保っている場合や引き留めにあっていた場合などは、元の会社に戻る方が再就職先を探すよりも楽なことは多いです。

ストレスがピークに達し、うつ病に

転職する勇気もなく、元の会社に戻ることもできない場合は、仕事への自信を喪失してしまう方もいます。

この場合、転職を後悔してうつ病を引き起こしてしまうという重大な結果となってしまうこともあるでしょう。

関連記事
会社・仕事行きたくない!ストレスの危険サインと対処法
朝起きて理由もわからず「会社に行きたくない」「毎日家にいたい」と思った経験がある方は少なくないでしょう。 たまに起き…[続きを読む]

転職で後悔しないための対策&失敗したときにできること

転職前の事前準備としては、以下を行いましょう。

  • 転職すべき理由を書き出す
  • 転職先への希望を明確にしておく
  • 事前の情報収集を徹底する
  • インターネットではない人づての口コミも重要

転職すべき理由を書き出す

転職したい気持ちが大きくなってきたら、転職すべき理由を書き出してください。

  • 「待遇面が不満」
  • 「他にしたいことがある」
  • 「今の業界が長く続くかわからず不安」
  • 「人間関係が嫌だ」

など、思いつくことを全てメモに書いてみてみください。心の中に置きっぱなしにすることと、可視化して客観化することは月とスッポンぐらい異なります。

自分が抱えている不満に、優先順位をつけ自分の気持ちや考えをクリアにしていきましょう。

頭の中を整理することで、転職への道筋も明確になります。

転職先への希望を明確にしておく

次に、転職先への希望も明確にしておくことが大事です。

多くの方は、転職の際に給与や年収面に囚われてしまい、本来の目的を見失ってしまいがちです。

もちろんお金は重要ですが、自分が後で後悔しないためにも最初に考えた転職先への希望を常に頭に入れておくことは大切です。

事前の情報収集を徹底する

転職する理由、転職先への希望が明確になったら、転職活動をはじめるわけですが、まず転職サイトから気になる会社をピックアップし、その会社の情報を徹底的にリサーチします。

雇用条件に書かれていることはもちろんですが、そのサイト以外でも会社のホームページや口コミサイトから情報を集めましょう。

あまり評判の良くない会社や求人票に書かれている内容を大きくズレがある場合は排除していくべきです。

インターネットではない人づての口コミも重要

可能であれば、生の情報も拾っておくべきです。知り合いに当該会社で働いている人がいるならば、その人に会社の実際の状況を聞いてみましょう。

直接の知り合いじゃない場合でも、友人などでツテがある場合には、友人を介して情報を得ておくのがおすすめです。

最近ではインターネット上でも多くの情報を得ることができますが、デマや虚偽の情報も紛れています。やはり実際に働いている人からの生の情報を得るのが失敗しないための近道です。

転職に失敗したと気づいた時にできること

転職に失敗したかも?と思ったら、焦って辞めてしまう前に以下を実践してみましょう。

  • 辞める前に考える
  • 上司に相談する
  • 何が失敗の原因かを考える
  • 前の会社と連絡をとってみる

辞める前に考える

転職して1ヶ月が経つけれど「仕事についていけない」、「馴染めない」と悩んでしまうことがあります。転職すれば状況が好転すると考えていた方には辛い状況ですが、多くの方は転職しても最初は苦労するものです。

上司に相談する

「転職しても慣れるまでは疲れるもの」「馴染めないのも当然」と考え、あまり深く考えないことも大切です。あまり自分を追い詰めてしまうと、疲れてしまうので、頑張りすぎないように自分を納得させてみましょう。

数ヶ月経っても状況が変わらない場合は、上司に今の状況を相談して、うまく解決できる方法がないかを模索しましょう。それでも解決できない場合に、失敗の原因を考えてみてください。

何が失敗の原因かを考える

理想と現実にギャップがある場合、自分のやりたいこと、自分の力量などを見誤っていなかったなど、もう一度考えてみてください。

失敗の原因を探ることで、今ある問題を解決できます。転職が必要な場合でも自己分析が役に立つはずです。

前の会社と連絡をとってみる

雇用条件などに問題がある場合は、上司と掛け合っても解決しない場合もあります。

この場合は再度の転職を前向きに検討すべきです。

しかし、短期間の間に転職を繰り返すと、転職先に良い印象を持ってもらえないこともあるということを理解しておくべきです。可能であれば、以前の会社に出戻りも検討してみましょう。

転職に後悔したら理由を突き止めることが重要

転職に後悔したら、自分と向き合い失敗の理由を考えることが重要です。

勢いで転職すると失敗することも多いので、今の会社を辞めるのは転職先が決まってからがベストです。

じっくり考えてから転職活動を始めましょう。

【仕事辞めたい】会社がつらいと思ったらやるべきこと

①会社がつらすぎる!仕事を辞めたい

昨今、大企業にしろ中小企業にしろ、劣悪な労働環境によって引き起こされた事件事故が少なくありません。

もしも、ご自身が勤めている企業がそのような企業で、以下のような労働環境で一切処遇改善も行わないなら「退職」を申し出るしかないでしょう。

  • 「体力的にも精神的にも限界がきて、不調をきたしている。」
  • 「人員不足で何をいっても、退職を認めてもらえない」
  • 「体育会系・ブラックすぎて、申し出た後に何をされるか分からなくて怖い。」
  • 「上司や人事に強く説得され、退職を引き止められてしまう」
  • 「顔を合わせることを考えるだけで、胸が痛い・吐き気がする」

心と体がさまざまなSOSのサインを出しているときに、退職の意思を伝えることとはなかなかのパワーが必要です。

退職は、ぼんやりといつか辞めたいなぁと思っているだけでは、なかなか実行できません。

ただ、覚えておくべきことは「会社の事考えずに退職した方がいい」ということです。急な退職はめちゃくちゃ迷惑をかけるから躊躇してしまうという方も多いでしょうが、自責や罪悪感を感じる必要はまったくありません。

仕事がキツすぎて逃げるように退職することは決して悪いことではありません。

変に留まってしまったり、会社側の態度を気にしてしまう方が、お互いにとってよくないと考えましょう。

②退職を切り出す勇気がない方必見!『退職代行サービス』

退職をご自身で言い出せる環境にない方は、退職を失敗しないために『退職代行サービス』の利用が不可欠です。

「退職代行サービス使うと余計に揉めるかな?」って考えている人は心配ご無用!ポイントは3つです。
  • ①即時退職
  • ②連絡不要
  • ③お金の心配は不要
①退職代行サービスなら「無料相談→必要事項を返信→振り込み→当日電話→すんなり離職票」までサクサク終わります。

②退職代行サービスを利用しても、相手側はいろんな手を利用してコミュニケーションを取ろうとして来る場合もありますが、退職代行サービスを利用して回避することが可能です(着信拒否&Lineブロックを忘れずに)。

③金額相場は25000~40000円で金額は決して安くはありませんが、退職前に「有給消化」をすることで収支トントンになる可能性があります(*退職するのが難しい企業の場合、ふだんから有給すら消化させていないケースも多いでしょう)。

退職のダラダラ引き伸ばしで、絶対に会社に殺されないようにしましょう。

1人で悩まず、今すぐ当事者と利害関係のない公正中立な第三者の専門家の力を借りて解決を図りましょう。

③【2022年版】退職代行ランキング - 業界実績No.1!

今回は、退職代行サービスの中でも、サポートの質が高い3社を厳選してご紹介します。

【会社側と話したくない!】
①【退職代行サービス】辞めるんです

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービスがスタートしました。退職代行サービスで、会社に連絡せずに退職!即日対応!LINEでの無料相談可能。退職届のテンプレもキャンペーンでプレゼント。多数メディア実績あり。
解決実績多数!詳しくはこちら
【心を病みきってしまう前に】
②【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら

即日退職可能!

即日退職可能!

即日退職可能!業界最安値クラスの料金!退職届テンプレを無料でプレゼント。加えて無料の転職サポート!4000人以上、16年以上の実績があり、退職成功率100%の実績があります。
解決実績多数!詳しくはこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!