仕事でミスが多い人の特徴・理由|落ち込む・自己嫌悪の後立ち直れる?

監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事は労働問題弁護士カフェを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
この監修者の記事一覧

仕事でミスが続くと落ち込んでしまいますよね。

いつもミスばかり繰り返してしまって、このままでは転職も視野に入れないと…なんて考え込んでしまうのは誰にとっても辛い状況です。ミスばかりの状況から抜け出すテクニックをここでお伝えします。

ここでは、仕事でミスが多い人の特徴、ミスが続いてしまう理由、仕事上でミスをしたときの立ち直り方、改善方法、ミスをしたときに絶対してはいけないことについて解説します。

今すぐにやめたい方は、以下、退職代行サービスも、ご参考ください。

【心を病みきってしまう前に】
【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら
関連記事
退職代行サービスおすすめ比較ランキング究極4選!【2022年版】
「退職代行サービスを利用したいけど、どのサービスを使えば良いのか分からない・・・」 「退職代行のおすすめランキングと…[続きを読む]

仕事でミスが多い人の特徴、ミスが続いてしまう原因は?

まずは仕事でミスが多いの人の特徴についてみて行きましょう。普段はそんなことないのに最近多いという方のための原因&解決策もお伝えします。

仕事でミスが多い人の特徴

仕事でミスばかり繰り返してしまうと自己嫌悪に陥ってしまいます。しかしミスばかり繰り返すのはなぜなのでしょうか?ミスを繰り返す人には以下のような特徴があるといわれています。

  • 仕事の経験がまだ浅い
  • メモを取る習慣がない
  • 細かいミスは気にしていない
  • 落ち込みやすい性格
  • スケジュール管理や整理などが苦手

まず、誰にでも起きる理由としては、「仕事の経験が浅い」という理由です。まだ新人や新卒の社員ならミスをしても当然です。今ミスをして学んでいる段階なのですから、大きく落ち込む必要はありません。

次にメモを取る習慣がない人もミスが多い人といわれがちです。指示を聞き逃してしまうことによりミスが発生します。他の特徴は、個人の性格が関係します。例えば、ミスをしても気にしない性格の人です。「これくらいなら大丈夫」と考えてしまい、あまり深く考えないことがミスが続きます。細かいミスなら大丈夫かもしれませんが、細かいミスが大きなミスにつながるのはよくあることです。

また逆にミスを気にしすぎる性格もミスの原因に繋がります。小さなミスでも落ち込んでしまい、「自分はダメだ」と悩んでしまう人はこれを引きずり、次のミスを誘発してしまいます。

さらにスケジュール管理や書類整理などが苦手という人もミスが多いです。自分なりの管理・整理術を心得ている人なら問題ありませんが、どう対応して良いかわからずいつもデスクはめちゃくちゃという方はミスが多い可能性が高いです。

最近、仕事でミスが続く原因は?

いつもはそんなことがないのに、「最近はミスが続いている…」というときもありますよね。このような状況で考えられる原因は以下の通りです。

  • 何かに悩んでいる
  • 仕事で成果が出せなくて焦っている
  • 心身が疲れている

仕事やプライベートで悩みを抱えていると、今目の前にあることに集中できなくなることがあります。何かに悩んでいる場合は、まずはその悩みの内容を書き出してみて、自分で整理することをおすすめします。きっと簡単に解決できない問題も多いですが、紙に書き出すだけで少し頭を整理することができ、目の前のことに取り組みやすくなります。

仕事で成果が出せなくて焦っている場合、ミスが続きやすくなります。なんとかして成績を上げないと、と必死になっていると視野が狭くなり思っているような結果が出なくなることはよくあります。まずは一旦自分の焦りを認め、客観視することからはじめみると、ミスが少しずつ減っていきます。

仕事が忙しすぎるという場合、心身ともに疲れているはずです。疲れていると本来の能力を発揮できないだけでなく、ミスを繰り返すようになります。ミスが続いたら、疲れているのかもしれないと自分に気づいてあげることが大切です。十分な休息をとりましょう。

仕事でミスが多い…落ち込んでしまった時の立ち直り方&改善方法

ミスが多いと落ち込んでしまいます。立ち直り方と改善方法について学んでいきましょう。

仕事でミスしたときの立ち直り方

仕事でミスしても人生が終わるわけではありません。仕事のミスからの立ち直り方について理解していきましょう。

  • ミスは誰にでも起きること
  • 気分転換をする
  • 改善点を考える
  • 誰かにアドバイスをもらう

まず、根本的な考え方をインプットしていきましょう。ミスは誰にでも起きることです。たまたまミスが続いただけかもしれませんし、新人なら今はミスをして学んでいる時期なのかもしれません。あまり深く考えずに、引きずらないことが重要です。仕事のミスはなんとかなります。

どうしても落ち込んでしまう性格の場合は、気分転換を習慣にしましょう。ミスをしたら、自分が楽しいと思える趣味をしたり、友達に愚痴を聞いてもらったりなどなんでも良いので気分が良くなることをしてください。落ち込むのは間違いです。

「ミスをなくしたいけどどうしたら良いかわからない」という場合は、誰かにアドバイスをもらいましょう。自分だけで落ち込んで堂々巡りの考えをしていても解決できません。解決策を提示してもらえなくても、新しい視点を取り入れることで自分の問題を解決しやすくなります。また他の人の失敗談を聞けば、「特別自分がダメなわけではないんだ」という安心感も得やすくなります。前向きになるために、人にアドバイスを求めるのは良いことです。

仕事上のミスの改善方法

仕事でのミスを少なくするためには、以下のチェックリストを実行してみて下さい。

  • 毎日スケジュールやToDoリストを確認する
  • どんな小さなことでもメモを取る
  • 朝に重要な仕事、複雑な仕事を終わらす
  • 考えすぎない習慣を作る
  • 集中できる精神状態、環境を作る

ミスを繰り返す人は、スケジュールを毎日確認しない人が意外と多いです。なんとなく頭に入っているというのを頼りに仕事を進めてしまうため、漏れが生じてしまいます。スケジュールだけでなく、ToDoリストを確認することは重要です。

メモの習慣も大切です。人の話を聞く場合は、どんな小さな内容でメモを取るようにしましょう。聞き逃すことにより、仕事でミスが起きてしまいます。またミスを減らすためにおすすめなのは、ミスをしたら次回からこれを繰り返さないように、ミスと改善点をメモすることです。チェックリストとして見える位置に貼り付けておくと、同様の問題を繰り返さずに済みます。

集中できないことが原因の場合は、できるだけ重要な仕事を朝に終えてしまうことをおすすめします。1日の中で最も集中できる時間は朝です。ここで重要な仕事や複雑な仕事をすることでミスを最小限にすることができます。優先順位を決めましょう。

落ち込みすぎないようにメンタル管理をすることも重要です。あらかじめ気分転換の方法をいくつか用意しておいて、落ち込んだときにはそれを実行する。あるいは、考えすぎているなぁと感じたら、別の考えに切り替えたりする訓練も必要です。マインドフルネスや運動の習慣を持ち、頭の中を良い状態に保つ習慣を持つのも良いことです。

デスクの上がいつも散らかっていると集中できな苦なってしまいます。整理整頓が苦手という人も、できる範囲でデスクの上はキレイに保つようにしましょう。目の前の景色は意外と心にも影響を与えます。スッキリした思考を保つためにも、集中できる環境を整えるようにしましょう。

仕事でミスしたときにやってはいけないこと

仕事でミスをしたとき、立ち直るため、これからミスを少なくするために試行錯誤するのは良いことです。しかし、そのときに気をつけないといけないことがあります。以下のことは、絶対にやってはいけません。

  • 自分を責め続ける
  • 一人で抱え込む

ミスを挽回するために必死になって対応策を考えたり、繰り返さないための予防策を考えることは悪いことではありません。しかし、焦ったままの心で、自分を責めながら進めていくのはあまり健康的とはいえません。先の繰り返しとなりますが、まずはミスを認めて気持ちの精算をすることが重要です。「ミスは誰にでも起きるもの」と納得してから、改善点などを探っていくようにしましょう。自分を責め続けていても何も良いことはありません。自分で状況を悪化させてしまう原因にもなってしまいます。

大きなミスをして落ち込むのは当然です。しかし誰にも話さず、1人で抱え込むのはよくありません。少し落ち込んで自分で解決できる程度の問題なら1人で解決するのも悪くありませんが、大きなミスで自分でどうしたらいいかわからないと悩んでいるときは、人に相談すべきです。信頼できる同僚や上司、先輩に話を聞いてもらいましょう。また場合によっては仕事を抱え込みすぎて、忙しすぎるというケースもあります。まずは自分のキャパオーバーを認め、仕事量を減らすことができないか、考えてみてください。自分で整理できたら、上司に正直に相談してみましょう。

今すぐにやめたい方は、以下、退職代行サービスも、ご参考ください。

【心を病みきってしまう前に】
【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら
関連記事
退職代行サービスおすすめ比較ランキング究極4選!【2022年版】
「退職代行サービスを利用したいけど、どのサービスを使えば良いのか分からない・・・」 「退職代行のおすすめランキングと…[続きを読む]

「仕事のミスが多い」は、解決できる

仕事のミスに対する改善方法はたくさんあります。実行できることは全てやってみましょう。

落ち込み過ぎはミスを繰り返す原因になってしまいますので、まずは自分に優しく接してあげることから始めてみてください。

【仕事辞めたい】会社がつらいと思ったらやるべきこと

①会社がつらすぎる!仕事を辞めたい

昨今、大企業にしろ中小企業にしろ、劣悪な労働環境によって引き起こされた事件事故が少なくありません。

もしも、ご自身が勤めている企業がそのような企業で、以下のような労働環境で一切処遇改善も行わないなら「退職」を申し出るしかないでしょう。

  • 「体力的にも精神的にも限界がきて、不調をきたしている。」
  • 「人員不足で何をいっても、退職を認めてもらえない」
  • 「体育会系・ブラックすぎて、申し出た後に何をされるか分からなくて怖い。」
  • 「上司や人事に強く説得され、退職を引き止められてしまう」
  • 「顔を合わせることを考えるだけで、胸が痛い・吐き気がする」

心と体がさまざまなSOSのサインを出しているときに、退職の意思を伝えることとはなかなかのパワーが必要です。

退職は、ぼんやりといつか辞めたいなぁと思っているだけでは、なかなか実行できません。

ただ、覚えておくべきことは「会社の事考えずに退職した方がいい」ということです。急な退職はめちゃくちゃ迷惑をかけるから躊躇してしまうという方も多いでしょうが、自責や罪悪感を感じる必要はまったくありません。

仕事がキツすぎて逃げるように退職することは決して悪いことではありません。

変に留まってしまったり、会社側の態度を気にしてしまう方が、お互いにとってよくないと考えましょう。

②退職を切り出す勇気がない方必見!『退職代行サービス』

退職をご自身で言い出せる環境にない方は、退職を失敗しないために『退職代行サービス』の利用が不可欠です。

「退職代行サービス使うと余計に揉めるかな?」って考えている人は心配ご無用!ポイントは3つです。
  • ①即時退職
  • ②連絡不要
  • ③お金の心配は不要
①退職代行サービスなら「無料相談→必要事項を返信→振り込み→当日電話→すんなり離職票」までサクサク終わります。

②退職代行サービスを利用しても、相手側はいろんな手を利用してコミュニケーションを取ろうとして来る場合もありますが、退職代行サービスを利用して回避することが可能です(着信拒否&Lineブロックを忘れずに)。

③金額相場は25000~40000円で金額は決して安くはありませんが、退職前に「有給消化」をすることで収支トントンになる可能性があります(*退職するのが難しい企業の場合、ふだんから有給すら消化させていないケースも多いでしょう)。

退職のダラダラ引き伸ばしで、絶対に会社に殺されないようにしましょう。

1人で悩まず、今すぐ当事者と利害関係のない公正中立な第三者の専門家の力を借りて解決を図りましょう。

③【2022年版】退職代行ランキング - 業界実績No.1!

今回は、退職代行サービスの中でも、サポートの質が高い3社を厳選してご紹介します。

【会社側と話したくない!】
①【退職代行サービス】辞めるんです

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービスがスタートしました。退職代行サービスで、会社に連絡せずに退職!即日対応!LINEでの無料相談可能。退職届のテンプレもキャンペーンでプレゼント。多数メディア実績あり。
解決実績多数!詳しくはこちら
【心を病みきってしまう前に】
②【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら

即日退職可能!

即日退職可能!

即日退職可能!業界最安値クラスの料金!退職届テンプレを無料でプレゼント。加えて無料の転職サポート!4000人以上、16年以上の実績があり、退職成功率100%の実績があります。
解決実績多数!詳しくはこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!