営業職を辞めたい原因、やめたほうがいい人・基準

監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事は労働問題弁護士カフェを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
この監修者の記事一覧

「営業を辞めたい…でも辞めるのは甘え?」と考え込んでしまい、なかなか決断できずにいるとストレスが溜まりますよね。悩みを解消するためにも、なぜ辞めたいのか、自分に営業が向いていないのか、などをここで整理していきましょう。

今回は、営業を辞めたくなる原因、営業に向いている人・向いていない人の特徴、営業を辞めるべき基準と営業を続けるための対処法、最後に営業を辞める場合に知っておくべきことを解説します。

今すぐにやめたい方は、以下、退職代行サービスも、ご参考ください。

【心を病みきってしまう前に】
【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら
関連記事
退職代行サービスおすすめ比較ランキング究極4選!【2022年版】
「退職代行サービスを利用したいけど、どのサービスを使えば良いのか分からない・・・」 「退職代行のおすすめランキングと…[続きを読む]

なぜ営業を辞めたくなる原因は?営業に向いている人・向いていない人の特徴

営業をやめたくなる原因

営業を辞めたくなる主な原因としては、以下の4つがよく挙げられています。

  • ノルマを達成できない
  • 飛び込み営業がキツい
  • 商材に自信が持てない
  • 顧客とのやり取りに時間がとられるのが辛い

営業はノルマがあるのが一般的です。厳しいノルマを課せられていれば、これを達成するのは大変ですし、ストレスを感じるのも当然といえます。毎月ノルマが課せられているのに、これを達成できない月が多いと、「辞めた方がいいのかな?」と考えてしまいますよね。

営業には主にルート営業と新規開拓の営業の2種類がありますが、新規開拓や飛び込み営業の場合は特にキツいと感じる人が多いようです。知らない人とコミュニケーションを取らなければいけないだけでなく、自社の製品やサービスの良さをアピールし契約にまで結びつけないといけないため、人間関係にプレッシャーを感じてしまう方も少なくありません。また断られることは日常のことなので、これに耐えられない方もいます。

自分が売り込んでいる商材に自信が持てないという方もいるでしょう。仕事なので頑張って興味を持とうと努力したものの、人にアピールできるほどの良さを見出せない人もいます。仮に契約を結んだとしても達成感を得られないと悩む方もいます。

営業は顧客とのコミュニケーションが基本です。頻繁に連絡してくる顧客にストレスを感じたり、こまめに連絡できずに顧客に怒られてしまうという問題を抱えている人もいます。忙しすぎてプライベートの時間まで取られてしまうという場合はワークライフバランスの問題にも繋がります。

営業に向いている人・向いていない人

営業に適性のある人、ない人にはどのような特徴があるのでしょうか?営業に向いている人の特徴としては、主に以下を挙げることができます。

  • 【営業に向いている人】
  • 人付き合いが得意な人
  • 下手に出ることに抵抗がない人
  • 他人との約束を必ず守る人
  • ストレスに強い人

営業は人付き合いが基本ですので、普段から友人作りが得意で新しい人脈を作ることに抵抗がない方は営業に向いています。特に新規開拓の営業では相手に不快感を与えないことが重要となるため、顧客とのコミュニケーションを違和感なくスムーズに取流ことができるのは適性の1つとなります。

営業では他人に対し自社の製品やサービスを売り込まなければいけません。そのため相手よりも下手に出て相手を立てることが必要となる機会も多いです。顧客に下に見られたりすることもあるので、これに耐性がある人は営業にも向いています。

顧客とのやりとりはこまめに取り、ミーティングなどの日時をきちんと守ることはとても大切です。営業は信頼関係で成り立つので、人との約束はかならず守るタイプの方は顧客からも信用されやすいです。

契約が取れないのは当たり前、軽くあしらわれて断られることは日常茶飯事なので、これを重くとらえない鈍感力がある方は営業に向いています。

  • 【営業に向いていない人】
  • 断られるのが苦手な人
  • プライドが高い人
  • 人とのコミュニケーションが苦手な人
  • 競争を煽られるのが苦手な人

営業に向いていないのは、上記の逆の性格・特徴を持っている方です。例えば、断られるのが苦手な人です。営業の業務では、日常的に断られるのでこれに耐えられない人は向いていません。

プライドが高い人も同様です。顧客から部下のように扱われることにストレスを感じる、顧客が偉そうなのが耐えられないという人は向いていないでしょう。そもそも人とのコミュニケーションが苦手という方も営業の適性があるとはいえません。営業の基本は人との関係にあるためです。営業ではノルマを達成すること、成績を上げることで達成感を得ることができます。これをモチベーションにできる人とできない人では、仕事の充実感は大きく異なります。

営業職を辞めるべき基準は?続ける場合に見直すべきこと

営業をやめるべき?転職を考えるべき基準

営業職においてどんな問題がある場合に辞めるべきなのか、気になりますよね。転職を真剣に悩んでいる場合にできるアドバイスとしては以下の3つがあります。1つずつ確認していきましょう。

  • 仕事を続けることで心身に支障をきたしている
  • 適性がないとはっきり自覚している
  • 顧客とのコミュニケーションだけでなく、普段から人間関係が苦手
  • ノルマに耐えられない

仕事のストレスで十分な睡眠がとれない、食欲がない、朝起きることができないなど、心身に支障をきたしている場合は明らかに頑張りすぎです。コントロールできるレベルのストレスをすでに超えている場合は、明らかに今の仕事が問題ということです。転職を考えるか、休職をすることで休息とゆっくり考えるための時間を作るべきです。

先の適性・非適性のポイントに当てはまるだけでなく、自分のなかで向いていないということをはっきりと自覚している場合は辞めるべきです。あなたのことはあなたが一番よくわかっています。心の声は聞こえているけれど、今の生活を守るために続けているのだとしたらそれは間違いです。ストレスが抱えきれなくなる前に辞めることを真剣に検討しましょう。

そもそも人間関係が苦手という方で、人に興味もないという方は見ず知らずの人と信頼関係を築くことは難しいです。そして営業の一番辛い部分はノルマではないでしょうか?1年ならまだしも3年頑張っても伸びる兆しがない、他の同僚のように上手く契約を取ることができないと考えていて、「ノルマはもう嫌だ」とまで考えるようになったら、転職を考えるタイミングです。

営業を続ける場合に見直すべきこと

「自分に営業の適性があるかどうかはわからない」、「営業を始めてまだ1年」という状況の場合、今辞めるのはもったいないです。この場合は、営業のやり方を変えてみることをおすすめします。具体的には、以下の2点を見直してみましょう。

  • 営業する相手の決め方を見直す
  • 人に不快感を与えるような仕草や口癖はないか見直す

とにかく話を聞いてくれる人に営業をかけていませんか?これはよくある間違いです。いくら話を聞いてくれる人だとしても、権限を持っていない人や予算のない会社、解決すべき問題を抱えていない会社に営業をかけても徒労に終わることが多いです。これらに営業をしていた方は、ぜひ逆の行動をとってみてください。権限を持っていて、予算がある会社、そして解決すべき問題を抱えていて、これに対して自社が商品やサービスを提供できる会社に営業をしてみましょう。また過去にあった人であれば提案がしやすくなるので営業のハードルも下がります。

また営業の際に、新規顧客から嫌われるような言動をしていないかも確認しておきましょう。第一印象が大事なのはもちろんですが、気づかないうちに好感度を下げてしまう話し方や行動、口癖をしていることがあります。自分でよくわからないという方は、ぜひビデオでレコーディングしてみて、言動や提案内容に不明瞭な点がないかチェックしてみましょう。

営業を辞める場合に知っておくべきこと

最後に営業を辞める決断をした後、転職活動を始める前に知っておくべき内容をお伝えします。

  • 転職活動に必要な期間、すべきことを見極める
  • 原則として仕事は続けながら転職活動を行う

転職活動は数ヶ月程度の時間がかかることがほとんどです。忙しい合間を縫って転職活動をすることになるので、人によってはさらに時間がかかることもあります。従って、転職を成功させたい期限を設定して進めていくことが大切です。期限を設定すれば、それまでに何をすれば良いのか明確になり、前に進みやすくなります。

原則として仕事は続けながら行いましょう。無計画に辞めてしまうと生活が苦しくなってしまい、望んでもない会社にとりあえず再就職しようといった事態にもなりかねません。転職先が決まっていなくても辞めて良いのは、心身の調子を崩している場合です。このような場合は、体調を元に戻すことが先決ですので、転職活動より先に会社を辞めるか休職するようにしましょう。

今すぐにやめたい方は、以下、退職代行サービスも、ご参考ください。

【心を病みきってしまう前に】
【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら
関連記事
退職代行サービスおすすめ比較ランキング究極4選!【2022年版】
「退職代行サービスを利用したいけど、どのサービスを使えば良いのか分からない・・・」 「退職代行のおすすめランキングと…[続きを読む]

まずは、自分の考えを整理することから始めよう

「営業が向いていない」「辞めたい」と思うようになったら、まずは頭の中を整理することが重要です。

まずはそう思う理由を紙に書き出し、上記でお伝えした適正とも照らし合わせながら、将来について考えてみましょう。

【仕事辞めたい】会社がつらいと思ったらやるべきこと

①会社がつらすぎる!仕事を辞めたい

昨今、大企業にしろ中小企業にしろ、劣悪な労働環境によって引き起こされた事件事故が少なくありません。

もしも、ご自身が勤めている企業がそのような企業で、以下のような労働環境で一切処遇改善も行わないなら「退職」を申し出るしかないでしょう。

  • 「体力的にも精神的にも限界がきて、不調をきたしている。」
  • 「人員不足で何をいっても、退職を認めてもらえない」
  • 「体育会系・ブラックすぎて、申し出た後に何をされるか分からなくて怖い。」
  • 「上司や人事に強く説得され、退職を引き止められてしまう」
  • 「顔を合わせることを考えるだけで、胸が痛い・吐き気がする」

心と体がさまざまなSOSのサインを出しているときに、退職の意思を伝えることとはなかなかのパワーが必要です。

退職は、ぼんやりといつか辞めたいなぁと思っているだけでは、なかなか実行できません。

ただ、覚えておくべきことは「会社の事考えずに退職した方がいい」ということです。急な退職はめちゃくちゃ迷惑をかけるから躊躇してしまうという方も多いでしょうが、自責や罪悪感を感じる必要はまったくありません。

仕事がキツすぎて逃げるように退職することは決して悪いことではありません。

変に留まってしまったり、会社側の態度を気にしてしまう方が、お互いにとってよくないと考えましょう。

②退職を切り出す勇気がない方必見!『退職代行サービス』

退職をご自身で言い出せる環境にない方は、退職を失敗しないために『退職代行サービス』の利用が不可欠です。

「退職代行サービス使うと余計に揉めるかな?」って考えている人は心配ご無用!ポイントは3つです。
  • ①即時退職
  • ②連絡不要
  • ③お金の心配は不要
①退職代行サービスなら「無料相談→必要事項を返信→振り込み→当日電話→すんなり離職票」までサクサク終わります。

②退職代行サービスを利用しても、相手側はいろんな手を利用してコミュニケーションを取ろうとして来る場合もありますが、退職代行サービスを利用して回避することが可能です(着信拒否&Lineブロックを忘れずに)。

③金額相場は25000~40000円で金額は決して安くはありませんが、退職前に「有給消化」をすることで収支トントンになる可能性があります(*退職するのが難しい企業の場合、ふだんから有給すら消化させていないケースも多いでしょう)。

退職のダラダラ引き伸ばしで、絶対に会社に殺されないようにしましょう。

1人で悩まず、今すぐ当事者と利害関係のない公正中立な第三者の専門家の力を借りて解決を図りましょう。

③【2022年版】退職代行ランキング - 業界実績No.1!

今回は、退職代行サービスの中でも、サポートの質が高い3社を厳選してご紹介します。

【会社側と話したくない!】
①【退職代行サービス】辞めるんです

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービススタート

業界初!後払いサービスがスタートしました。退職代行サービスで、会社に連絡せずに退職!即日対応!LINEでの無料相談可能。退職届のテンプレもキャンペーンでプレゼント。多数メディア実績あり。
解決実績多数!詳しくはこちら
【心を病みきってしまう前に】
②【退職代行サービス】退職代行Jobs

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修

業界初!顧問弁護士監修の退職代行。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現!顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。
解決実績多数!詳しくはこちら

即日退職可能!

即日退職可能!

即日退職可能!業界最安値クラスの料金!退職届テンプレを無料でプレゼント。加えて無料の転職サポート!4000人以上、16年以上の実績があり、退職成功率100%の実績があります。
解決実績多数!詳しくはこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!